TOP

カードローンで重視される「個人信用情報」とは?

カードローンは個人向けのキャッシングで無担保、保証人を探す必要がありません。住宅を担保にしたり、親戚や友人に保証人を頼まなくても借り入れができるので、キャッシングが身近になりました。個人向けキャッシングで重要視されるのは「信用情報」です。

クレジットカードやカードローンなどは信用取引で行われており、返済期日にお金をちゃんと振り込んだか、どのような契約なのか、ありとあらゆる情報が記録されています。金融機関はこの信用情報を元に融資をするかしないかを決定します。

代表的な信用情報機関は主にこの3サイト。

JICC 日本信用情報機構(指定信用情報機関)|HOME

日本信用情報機構(JICC)は、信用情報の収集・管理・提供・開示を通じて健全なクレジットライフをサポートする指定信用情報機関です。

 

指定信用情報機関のCIC

CICは、割賦販売法および貸金業法の両業法に基づく指定信用情報機関です。安全・安心・高品質なサービスを提供することにより、クレジットやローン市場の健全な発展に貢献しています。

 

全銀協

全国銀行協会(全銀協)のウェブサイトです。全銀協は、日本国内で活動している銀行を直接の会員とする組織で、わが国の銀行業界の代表として、銀行業の発展のためにさまざまな活動をしています。
全国銀行協会

これらのサイトには消費者金融や信販会社、銀行、クレジットカード会社が登録しており、申し込みをした人の利用履歴や返済履歴などを確認します。ここで問題がなければ無事に融資を受けられるのですが……。

延滞が多かったり、債務整理(自己破産や個人再生など)をした経験があると、融資を受けられない可能性が高くなります。融資する側としては、途中で返済できなくなる人へはリスクが高くて貸せない!という訳です。

私は過去に借金まみれだった身内の信用情報を取り寄せた経験があります。CICに情報開示手続きを行い、返済履歴を見て絶句。ある日を境にまったく返してないんですよ。CICの返済履歴はマークが振り分けられております。

$……請求通り、または請求以上の入金あり。ちゃんと返済している証です。
P……請求の一部だけ入金。
R……契約者以外から入金あり。家族や親戚、恋人や友人、知人などの入金です。
A……契約者自身の都合による未入金。
B……契約者自身の都合ではない未入金。
C……原因の分からない未入金。
ー……請求も入金もなし。
空欄……請求している会社が情報を更新していない。

身内の信用情報はほぼ「ー」マークで埋まっておりました。仮にこの状態のままクレジットカードやカードローンに申し込んでも一発で審査落ちですし、貸す訳がない。融資を受けたいと思っている人、過去にちょっと延滞や金融事故を起こしてしまった経験がある人は自分の履歴を取り寄せて確認してみましょう。信用情報は非常に大事な部分です。

.

最終更新日:2017-02-17 02:01

コメント (0)