TOP

某銀行の面倒な手続き

最近はフィッシング詐欺が流行っていますよね。大手メガバンクを装って「このURLを開いて暗証番号を変更してください」という手法。実は私にも届いたことがあります。UFJ銀行とみずほ銀行を騙ったメールなんですが、これが本物そっくりに出来てるんですよね。騙される人がいてもおかしくはない。

しかし、銀行側も負けてはいません。詐欺集団に負けじと様々な対抗手段を編み出しています。ワンタイムパスワードとか、ワンタイムパスワードとか、ワンタイムパスワードとか。

最近、私がメインで使っている銀行も詐欺対策に本腰を入れたようでワンタイムパスワードに切り替えろ!と言うお知らせがよく届きます。ああ、切り替えるから焦らせないでおくれよ。

このワンタイムパスワードの切り替えが面倒でしてね。これにはアプリ版とカード版があります、私はアプリ版を選びましたが電話認証をしなければならないんです。口座開設するときに固定電話で登録していたんですが、今は携帯電話番号のみ。電話認証が無理なので切り替えができない……しかし、やらなければ銀行の取引ができない……やらなければならない!

なので、まずは電話番号の変更手続きからスタートしました。インターネットバンキングから手続きができるそうなので簡単ですね。そりゃそうですよ、インターネットがこれだけ普及した現在でわざわざ窓口なんて行くかよ……!

そう毒づいて粛々と情報を入力していく私。電話番号を変更して決定ボタンを押すだけになったとき衝撃の文字が。

「電話番号の変更にはワンタイムパスワードが必要です」

はぁぁぁぁぁぁぁぁぁ?!ワンタイムパスワードで使う電話番号を変えるのにワンタイムパスワードがいるってどういうことですかぁぁぁぁぁぁ?!

と、叫んでみたところで自体は何も変わらないので次の一手を考えます。もう郵送しか無いですね、銀行が無いので郵送しか無いですね!

もしも某三井住友銀行さんのパスワードカード切り替えでお困りの方は窓口に行くか、書類を郵送しましょう。じゃないと電話番号の変更ができません。ネット上で書類を作成すれば変更書類の取り寄せにかかる時間を短縮できますし、宛先まで印刷できます。後、氏名や住所などもあらかじめ入力しておけばそれらも記入された状態でプリントアウト可能です。

「うちにパソコンがないんですが?」「パソコンはあるけどプリンターはありませんが」という方もご安心ください。ネットプリントアプリを使えばコンビニのコピー機から素早く印刷ができます。

あなたが用意するのは封筒とハサミ、のり、そしてコピー代の数十円だけ……

「三井住友銀行 電話番号変更」で検索すればPDFをダウンロードできますので、お困りの方はお試しください。

.

最終更新日:2016-07-13 00:51

コメント (0)